コンビニの店員さんの最後の日

2019.09.14 Saturday

0

    数年前のある日のことです。

     

    toronのすぐ近くのコンビニで買うものを選んでレジまで行くと、

     

    いつもの店員さんがいらっしゃいました。

     

    年の頃は自分の母親くらいでしょうか。

     

    僕はなぜか他の店員さんと違って、その方だけに親近感を覚えていました。

     

    同じ制服を着ていても、彼女だけどこか華やかだったのと、

     

    レジで交わされる普通のやりとりの中に、「気」のようなものを感じていました。

     

    会計を済ませると彼女が言いました。

     

    「私、今日で最後なの。」と。

     

    僕は、話しかけてもらったことに驚いたのと、

     

    少し寂しい気持ちになったことで、とまどっていると、

     

    彼女はさらに続けました。

     

    「いままでありがとう。私、いつも楽しみにしていたのよ、あなたの格好を見ることを。」

     

    このことはずっと忘れられなくて、常に僕の胸の奥で小さな炎として揺らめいています。

     

    服装などに、気をとられるのは馬鹿げている、という考えなどに掻き消されることはありません。

     

    そして、お客様の心にも火を灯すことができれば、こんなに嬉しいことはありません。

     

    色バリエーションにこだわらない

    2019.09.07 Saturday

    0

       

      「白、黒、紺は持っている。」という声を聞くことが時々ありますが、

       

      いくら持っていてもよいと思います。


      低価格帯の量販店では色展開がとにかく豊富ですし、

       

      色は確かに重要な要素の一つですが、

       

      ファッションのバリエーションの豊かさにおいて、

       

      色を第一に考えるのは単純すぎるかと思います。


      ない色を揃えていく、というお買い物の仕方を続けていると、

       

      色の違いが分かりやすすぎて、

       

      生地感や世界観など、本質的な違いに気がつけない、

       

      ということに陥りやすいでしょう。

       


      白いシャツに紺のジャケットが合うことは、そのとおりですが、

       

      いくつもその組み合わせを経験していると、

       

      生地や衿の違いで、合わせるべきものが変わってくる、

       

      ということが分かってきて、より洗練されていくことでしょう。

       


      「飽きない」ということは、違うことをすることではなく、

       

      同じものでも工夫することによって深みを感じられるようになる、

       

      ということではないでしょうか。


      もしかしたら「商い」もそうかもしれませんね。

       

       

      shirt / m's braque

      blouson / STUDIO NICHOLSON

      pants / STUDIO NICHOLSON

      shoes / forme

      三種の神器

      2019.08.26 Monday

      0

         

        toronの三種の神器。
        ハット、メガネ、革靴。
        もしもこれらを取り上げられたら、僕は僕でいられるのだろうか…。


        そう思うと、ワガママに店をやらせてもらっているな、と。
        お盆も過ぎたのに、なぜか静岡、京都、広島と県外の方が多かった週末。
        ほんとうにありがとうございます。

         

         

        錨を下ろして

        2019.08.06 Tuesday

        0

           

          日曜日のことでした。

           

          名古屋出身、東京在住のお客様が久しぶりにいらしたので、

           

          「里帰りですか?」ときくと、「実は、名古屋に転勤になって戻ってきたんです。」とのこと。

           

          また、転勤はあるかもしれない、とのことでしたが、

           

          前日の「実は…」に傷心中でしたので、嬉しいご報告でした。

           

          ご結婚されるとのことで、その衣装のご相談でもありました。

           

          なんと喜ばしいことでしょうか。

           

           

          また、同じ日に、長野から高校生のお客様がいらっしゃいました。

           

          大学生ですら、少ない店ですが、高校生とは珍しい。

           

          とはいえ、大人びた雰囲気を持った方でした。

           

          formeの靴を買ってくださいましたが、彼にはきっと大金だったことでしょう。

           

          指定校推薦で来年から名古屋の大学に通うことがほぼ決まっていて、

           

          オープンキャンパスで名古屋に来たので、その足で寄ってくださった、とのことでした。

           

          ということは、これからもお会いできる、ということですね。

           

          ようこそ名古屋へ、そして、toronへ。

           

           

          それぞれの人生航路の途中で、

           

          たまたまtoronという港があって、

           

          しばし錨を下ろしてもらい、

           

          僕もお客様も豊かな時間を過ごせたら、

           

          と、この2日間で思うようになりました。

           

          ご縁に感謝です。

           

          実は…

          2019.08.04 Sunday

          0

             

            最近、お客様からの「実は…」が怖いです。


            転勤の話は悲しい。


            二度と会えなくなるわけじゃないと思うけど、

             

            いろんな話もしてきたから、胸のあたりがやっぱりね。


            でも、名古屋を去る人が、

             

            ちゃんとご挨拶に来てくれる関係を築いてこれたことには感謝ですね。