suzuki takayuki

2019.04.23 Tuesday

0

     

    女性が持っても素敵なバッグですね。


    そして、服は上下ともsuzuki takayukiです。


    toronでは毎シーズン、レディースのオーダ会を開催しています。


    2019-20AWのオーダ会は5/22(水)〜5/26(日)に決まりました。


    僕自身、このイベントをとても楽しみにしています。


    suzuki takayukiのレディースは僕の長年にわたる憧れであることと、

     

    好きな服に出会ったときの女性の表情はとてもかわいく見えるからです。

     

     

    bag / CECCHI DE ROSSI

     

     

    革靴のフィッティングについて

    2019.04.23 Tuesday

    0

       

      環境が悪ければ、育ちの悪い子になってしまいます。


      革靴の話です。

       

      サイズの合う靴を選ばなければ、革靴は革靴であることの意味を失います。

       

      足が小さく見えるのはかっこ悪いから大きめに履けばよい、という店員のアドバイスは華麗にスルーしてください。


      そのみつのオーダー会を6月に、フォルメのオーダー会を10月に予定しています。

       

      ご期待ください。

      CECCHI DE ROSSI 小さなバッグ

      2019.04.21 Sunday

      0

         

        両手を振って歩きたいとき、ってありますよね。

         

        CECCHI DE ROSSI より小さくてかわいいバッグが届きました。

         

        ネイビー、ワイン、チャコールの3色です。

         

        また、ご紹介させていただきますね。

         

         

         

        Button up shoes / forme

        2019.04.20 Saturday

        0

           

           

          formeよりボタンシューズが届きました。


          カーフとヌバックとのコンビを選びました。


          オールカーフにするよりも、マットなヌバックの上にボタンがあるほうが、

           

          宝石のように艶やかな表情を見せてくれる、と思ったからです。


          ストレートチップではなく、プレーントゥを選んだのは、

           

          ともすれば、華美になりすぎかねないボタンという特徴を、

           

          なるべくシンプルに際立たせたかったからです。


          そしてグッドイヤーではなくコバの張らないマッケイ製法を選んだのは、

           

          木型そのもののようなつるんとした輪郭からボタンだけが浮き出ている、

           

          というバランスを美しく感じたからです。

           

          button up shoes / forme  ¥69,000+tax

           

          【m's braque ヴィンテージファブリック オーダー会】

          2019.04.14 Sunday

          0

             

            【m's braque ヴィンテージファブリック オーダー会】

             

            4/27(土)〜5/12(日)

            (※GW中は4/30(火)のみ、お休みを頂きます。)

             

            オーダーの際には内金として商品代の3割をお預かりいたします。

            納期は9月下旬です。

             

             

            m's braqueの魅力といえば、

             

            まず、テーラードジャケットに見られる独特のパターン、

             

            そして、ヴィンテージを含む独特の生地使い。

             

            多面的な魅力を持つブランドですが、

             

            あえてシンプルにいうならこの二つでしょう。

             

             

            テーラードはトラディショナルな世界から切り離せるものではないので、

             

            スペックや作りのよさだけに価値が置かれることが多く、

             

            表現としては、どうしても似たものが多く見られます。

             

            見た目に特徴を出そうとすると野暮になってしまうのです。

             

             

            僕がm's braqueを敬愛しているのは、

             

            テーラード然とした風格がありながら、

             

            唯一無二のニュアンスを漂わせているからです。

             

            m's braqueならではの美しく機能的なパターンと

             

            こだわって作った生地や、選び抜かれたヴィンテージの生地が合わさると、

             

            品のよい色気と遊び心に溢れたテーラードジャケットが生まれます。

             

             

            今回、toronで開催するこのイベントにあたり、

             

            ヴィンテージの生地をたくさん集めていただきました。

             

            どちらかというとシーズンレスで使えるような梳毛のタイプのものが多く、

             

            面白い生地もあれば、上品で趣のある生地もあります。

             

            ジャケットはシングル、ダブル、細身の型、ゆったりした型があり、

             

            パンツはすっきりとしたスラックスと、

             

            toronではすっかりおなじみのハーレムパンツがあります。

             

             

            裏地やボタンも面白いものを取り揃えてもらっています。

             

             

            どう組み合わせたら自分らしい一着になるか、

             

            胸をときめかせてもらえたら嬉しいです。

             

            ボタン一つにも命が吹き込まれ、それぞれが呼応しあったとき、

             

            ほんとうのお気に入りに出会えることでしょう。

             

            僕はその瞬間に立ち会えることを楽しみにしています。

             

             

            (※写真はすべて参考画像です。)